訪問看護師の仕事

【仕事と子育ての両立】ママ看護師が転職先に訪問看護を選ぶ7つのメリット

子どもが小さいうちは、仕事と子育ての両立について悩むことって多いですよね。
育休を取得した多くのママさんが復帰する時期、子どもは1歳~3歳頃。
まだまだ、手がかかります。

ママ仕事行かないで~
今日もお迎えおそいんでしょ…

「ごめんね、できるだけ早くお迎え来るから。ママも頑張るからね!」

振り切るように車に乗り込み、涙ポロポロ…

 

家事も子育ても頑張りたい。
看護師の仕事も、やるからには精一杯やりたい。

そうですよね。
その気持ちよくわかります。

看護の仕事は、責任が重い。しかも、人が足りなくて忙しい。

交代勤務をしながらの子育ては、周囲の理解と協力なしでは、かなり難しいです。
夜勤免除のはずが、人員不足で断り切れずに夜勤もやることになってしまったり…

どれも全力でやっていたら、つぶれてしまいます。

思い切って復帰してみたものの、子育てしながらの仕事は想像以上にキツイ…
子育てと両立しやすい職場ってないの?

と悩んでいるママ看護師さんに向けて

子育て中のママが訪問看護で働くメリットについてまとめてみました。

私自身も子どもが3歳、5歳の時に病院から訪問看護ステーションへ転職し、現在も訪問看護師として働いています。

「訪問看護の仕事」はやりがいだけでなく、ママにうれしいメリットもたくさんあるんだ!
と知っていただけたら幸いです。

子育て中のママ看護師が訪問看護師として働くメリットとは

訪問看護に転職してくる方の志望動機はいろいろです。

  • 自分が考える「看護」を実践したい
  • 地域で暮らす人々を支えたい
  • 患者さんにじっくり向き合いたい

このような動機があって、訪問看護に転職される方が多いと思います。

確かにこのようなやりがい面でも、魅力たっぷりの訪問看護ですが、そのほかにもメリットはたくさんあるんですよ!

ママ看護師にうれしいメリットは大きく二つ。

1つ目は
「仕事と子育てのバランスがとりやすい

2つ目は
「人生を豊かにする学びがいっぱい」

それぞれ詳しく見ていきましょう!

仕事と子育てのバランスがとりやすい

ママ自身の子育てや仕事に対する考え方、家庭の事情によっても希望する働き方はさまざま。

子どもが小さいうちは子育ても楽しみたい

●ブランクがあきすぎると復帰が難しくなりそう。フルタイムは無理だけど、短時間なら働けるかも…

●ちょうどいい仕事量で無理せず続けていきたい

●子どもに手がかからなくなってきたから、勤務時間を増やしたい

このように、子どもの成長とともに、大切にしたいことや物事の優先順位が変わってきますよね。


希望に合わせて、働き方を柔軟に変えていくことが、【訪問看護】なら可能です。

ママ看護師が訪問看護で働くメリット①希望の条件で働きやすい

訪問看護は、病院や施設での仕事に比べると、勤務時間の融通が利きやすいという特徴があります。

Aさん(子ども小1・学童保育なし)

子どもにちゃんとおかえりって言いたい。自分が働いて家計の足しになればいいな

月・水・金の週3日出勤 午前のみ 4時間/日(週12時間)

 

Bさん(子ども小5、小4・学童保育なし)

子ども達も小学校高学年、留守番も短時間なら大丈夫そう。でも何かあったら心配だから、夕方には帰宅したい。

火~金までの週4日出勤 15時まで 6時間/日(週24時間)

 

このように柔軟にシフトを組むことが可能です。

自分の仕事が終われば、他のスタッフの残務を気にすることなく、さっと上がれるので気が楽ですよ。

子どもに手がかからなくなってきたら、少しずつ勤務時間数を増やして、いずれは常勤になってもいいですしね♪

ママ看護師が訪問看護で働くメリット②休憩時間を活用できる

訪問看護は利用者様のお宅や施設でサービスを提供するので、事務所で過ごす時間は少ないです。
(病院で働いていた頃は、勤務中は休憩時間であっても病院外へ出ることは一切できませんでした)

現在は、新型コロナウイルス感染予防対策で、できるだけ事務所にも集まらない、直行直帰スタイルへと移行しています。

お昼休憩は、自宅に帰ってゆっくり過ごすもよし、車で仮眠してもよし、アプリで資格の勉強してもよし!時間の使い方は自由です。

こまてん
こまてん
ただし、訪問時間には絶対に遅れないようにね^^
  • 昼休みに自宅へ戻って、洗濯物を取り込む
  • 銀行で振り込みを済ませる
  • 夕食の下ごしらえを済ませてしまう

こんな風に休憩時間を有効に活用できるんです。

ママ看護師が訪問看護で働くメリット③子どもと過ごす時間を確保できる

事業所によって違いはありますが、土日休み、残業少なめが多いです。

子どもは週末のお出かけをとても楽しみにしてますよね。

病棟勤務のころは
「ママ日曜日仕事だー、ごめーん!」ということがありましたが、

今は、思いっきり子どもと遊べています!

ママナースが多いと、運動会などの行事がかぶってしまうと、休みの争奪戦になることがありますが、もともと休日であれば気にする必要ないですよね。

運動会などの行事にも参加しやすく、イベント開催が多い土日祝に子ども連れでお出かけを楽しむことも可能です。(混雑は覚悟の上で…)

ママ看護師が訪問看護で働くメリット④ママさんスタッフが多いから働きやすい

私の勤める訪問看護ステーションのスタッフ20人中19人がママです。(リハビリ、事務職含む)
最近では若い方や、男性看護師も増えているので、全員がママ看護師というのも珍しいケースかも?

訪問看護は家庭との両立を目指して転職してくる方も多いので、病棟と比べるとママ看護師の比率は高いように感じます。

当事業所の場合、子どもの年齢は未就学児~成人したお子さんまで幅広いです。

仕事の日に子どもが急に熱を出したら、どれだけ焦るか…
子どもがしんどい時、そばにいてあげられない母親のつらさなども経験してきた先輩方。

子どもの体調不良でどうしても出勤できないときも
「大丈夫よ~。みんなお互い様だからね」と優しく声をかけてくれます。

平日休みを取りづらい傾向のある訪問看護ですが、PTAや学校行事、面談などにも参加できるように勤務調整をしてくれるのも、ありがたいです。

人生を豊かにする学びがいっぱい

ママ看護師が訪問看護で働くメリット⑤自分自身の人生に役立つ

自分も将来、経験するであろう親の介護問題。

訪問看護の仕事をしていると、介護に関する最新情報も得ることができます。
介護する側、される側のリアルな声を聴けるなんて、貴重ですよね。

  • 急に介護が必要な状態になるとこんなに大変なんだ…
  • 介護してもらう側もそんな気持ちでいたんだ…
  • 手すり一つ設置するだけでこんなに生活が楽になるのね!

このように、たくさんの発見があります。

その他にも、

こんなケアマネさんはやめておけ。的なことも…

訪問看護師が勉強する分野は、介護保険などの社会保障制度のこと、介護士さんやヘルパーさんなど多職種の仕事内容など、看護・医療の分野だけにとどまらず、幅広い知識が必要になります。

範囲が広くなる分、勉強は大変ですが、どれも自分に関係すること、人生に役立つことばかりです。

ママ看護師が訪問看護で働くメリット⑥どんな経験も、特技・趣味までも仕事に活かせる

訪問看護の仕事を始めて思ったのが、「今まで経験してきたこと、特技や趣味なんかも含め、全て役に立つ」ということ。

  • 親を介護した経験がある
  • 大切な人を亡くした経験がある
  • ケガや病気で入院した経験がある
  • 子育ての経験がある
  • 北海道へ旅行に行ったことがある
  • 料理が好き、節約が好き、猫が好き
  • 整理整頓が得意、工作が得意

なんでもいいんです。無駄なものは何一つもありません!

旅行先がたまたま利用者様の故郷で、話が盛り上がり仲良くなれたこともありました。

子どもの話をすると「一番かわいい時期じゃない!」と利用者様が笑顔になったり、「うちの子どもが小さい頃はね…」などお子さんとの関係性について話してくれたりすることもあります。

ママ看護師が訪問看護で働くメリット⑦人生の学びが得られる

利用者様それぞれに、バックグラウンドがあり、考え方や価値観が異なります。

家族はもちろん、ご近所さんからも慕われて、たくさんのサポートを得られる方もいれば、
できるだけ人と関わらない孤独な暮らしをあえて選んでいる方もいます。

前者の方が幸せ、後者の方が不幸せのようにとらえられそうですが、幸せか不幸せかは、本人が決めること。

「生き方はその人その人で違っていいんだ」と強く感じさせられることがあります。

いろんな考え方の人がいるし、いろんな生き方の人がいる。
たくさんの方の人生にかかわる訪問看護だからこそ経験できたことかもしれません。

時には、子育てや人生についてのアドバイスをもらうこともあったり、利用者様の言葉でで癒されたり、元気をもらうことが結構あるんですよ。

最後に

今回は短時間パート勤務を希望しているママを想定して書きましたが「私は常勤で働きたいのよ!」という方もいると思います。

そういった方にとっても【夜勤なし、土日休み、残業少なめ】の訪問看護は働きやすい職場だと思います。

実際に小学校低学年の子どもを育てながら、常勤で働いている方もたくさんいます。

ただ、常勤となるとオンコールの有無や担当する頻度によっては、両立が難しくなってしまう可能性もありますので、そのあたりは入職前によーく確認してくださいね(^^)

まとめ

訪問看護師という仕事は、プライベートと仕事のバランスがとりやすく、人生を豊かにする学びがたくさんあります。

【子育て中のママ看護師にとって訪問看護師として働く7つのメリット】

  1. 希望の条件で働きやすい
  2. 休憩時間を活用できる
  3. 子どもと過ごす時間を大切にできる
  4. ママさんスタッフが多いから働きやすい
  5. 自分自身の人生に役立つ
  6. どんな経験、趣味や特技までも仕事に役立つ
  7. 人生の学びが得られる

「訪問看護師として働く」という道。
ママになっても看護師として働きたい、そんなあなたの選択肢の中の一つに加えて頂けたら嬉しいです(^^)

看護師の扶養内パートは週何時間までOK?働き方のイメージと注意点子どもが小さいうちは仕事量はおさえて、家庭重視。子どもの成長とともに時間数を増やし、いずれはフルタイムに戻る予定。 そんな風に考え...
ABOUT ME
komaten
現役訪問看護師/やんちゃ盛りな男の子2人の母です('ω') 今はこのブログが趣味の一つになってます。