看護師×子育て

【病院以外で働きたい】クリニックで働く看護師ってどうなのよ?

こんにちは!こまてんです(‘ω’)

今回のテーマは、病院以外で働く看護師の職場【クリニック】についてです。

夜勤なしの職場がいいな…
毎日ツライ…精神的に楽な職場で働きたいよー!

病院に比べると、重症な患者さんは来ないし、少しは楽に働けるのではないか?
このような理由で、クリニックへの転職を考えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな看護師さんに向けて、クリニックで働く看護師の仕事内容やメリット・デメリットについて深堀していきたいと思います。

この記事を読んでわかること

  • クリニックで働く看護師の仕事内容がわかる
  • クリニックで働くメリット・デメリットがわかる
  • クリニックへの転職に失敗しないための心得がわかる

クリニックへの転職で押さえておくべき、基本的な知識を身につけて、後悔のない選択をしましょう!

クリニック(診療所)とはどんなところ?

一般的にクリニック(診療所)と聞いてイメージするのは、入院受け入れのない無床クリニック(診療所)ではないでしょうか。(有床診療所といわれる、19床以下の入院病床を有するクリニックも存在しますので注意しましょう。)

名称は○○クリニック、○○医院、○○内科など様々ですが、すべて診療所の区分にふくまれます。

一般的にクリニックでは、軽症者の診療を行います。
重症な患者さんが受診された場合は、紹介状を作成し、病院へ行ってもらうか、救急搬送となる場合もあります。

クリニックで働く看護師の主な業務内容

クリニックで働く看護師はこんな業務をしています。

  • 患者さんの呼び出し、案内
  • 診療の介助(移乗や更衣の介助、ポジショニングなど)
  • 検査の説明
  • バイタルサイン測定
  • 健康診断(心電図検査・レントゲン撮影準備など)
  • 採血・注射・点滴
  • 在庫管理・物品補充・発注
  • 器具の洗浄・滅菌
  • 清掃作業

眼科や耳鼻科など、日帰り手術などを行うクリニックでは、手術介助も業務内容に含まれます。

クリニックで働く看護師に必要なスキル

 

クリニックでの看護師の主な業務は、医師のサポートですが、状況に合わせて臨機応変に対応できるスキルが求められます。

クリニック側が求めているのは、即戦力となる人材。
とは言っても、一般的な看護技術(バイタル測定・採血・点滴・注射)が習得できていれば、転職は十分可能です。

また、接遇マナーに力を入れているクリニックも多いです。
スタッフの接遇マナー向上は、クリニックの評判、人気にも直結する重要な要素だからですね。

クリニックで働く看護師の一日

クリニックに勤務する看護師のスケジュールを見てみましょう。

【例】

8:30      出勤
9:00      診療受付開始
12:00      午前の受付終了
12:30~14:30 昼休憩
15:00~     午後の診療受付開始
19:00      午後の受付終了
19:30      業務終了

クリニックに勤務する看護師は、診療受付開始の約30分~1時間前に出勤します。

受付開始前に電子カルテの立ち上げ、清掃作業、予約の確認、備品のチェックなどを行います。

診療が始まったら、スムーズに診察が進むように医師のサポートを行います。

全ての診療が終われば、薬品や物品の補充、器具の洗浄、清掃、翌日の準備などを済ませて業務終了です。

なぜクリニックは休憩時間が長いの?

多くのクリニックは
午前9:00~12:00
午後15:00~19:00

といったように午前と午後の間に2~3時間ほどの間隔があいています。

「こんなに休憩する必要ある?」と思うかもしれませんが、
きちんと理由があるんですね。

例えば、午前中に患者さんがたくさん押し寄せて、めちゃくちゃ混んだとします。
午前中の受付が12時に締め切られたとしても、その段階で診察待ちの患者さんが20人いたら…

一人当たり5分かかるとして、100分(1時間40分)

最後の患者さんが精算してクリニックを出るのが、14時近くなってしまいますよね。
午後の診療に向けての準備などもありますから、ろくに休憩も取れずに午後の診療に突入する可能性もあるわけですね。

これが大きな理由のようです。

そのほかにもこの昼休憩の時間に勉強会が開催されたり、往診に回る先生もいるんですって。

うそぴょん
うそぴょん
クリニックによっては、十分な休憩時間が取れないケースもあるんだね…

昼休憩が長く、診療終了は19時過ぎとなると、働く側としては、拘束時間が長いように感じてしまいますが、仕事や学校が終わってから受診したい人にとっては、非常にありがたいですよね。

クリニックで働く看護師の収入はどのくらい?

貯金箱クリニックで働く看護師の給料は平均390万円ほどの年収です。

入院施設のないクリニックでは夜勤はありません。そのため、深夜手当もつかず、休日出勤もほとんどないことから、病院で働く看護師より50万円ほど低くなっています。

クリニックへの転職で失敗したなと感じる理由6つ

  • 拘束時間が長い
  • 人間関係が難しい
  • 休みがとりずらい
  • やりがいをあまり感じない
  • 業務内容が多すぎる
  • 教育体制が整っていない

クリニックに転職して失敗したと感じる理由には、以上のような内容があります。

実際に働いてみないとわからないこともあるかもしれませんが、事前に情報収集をしっかりと行うことで、失敗を避けることができるものも多いですよね。

自分が望んでいる希望条件求められている人材との間にギャップがないか、よく考えてみましょう。

クリニックで働く看護師のメリット・デメリット

メリット

⓵夜勤がない
②残業が少ない
③精神的に楽
④お盆や年末年始に休みが取れる
⑤休憩時間を効率的に使える

⓵夜勤がない

本来休むべき時間帯に睡眠がとれるのはやはりうれしいですね。

夜勤をやっていた人ならわかると思いますが、本当に体によくないな…と実感しますよね。
小さなお子さんがいるママ看護師さんや健康的に生活したい方にとっては、大きなメリットの一つとなるでしょう。

②残業が少ない

全くないというわけではありませんが、病院に比べると少ないです。

病院で働く看護師は、イレギュラーな業務が多く、緊急入院への対応、記録が終わらないなど、1時間以上の残業が当たり前という職場が多いです。

また、病棟のように情報収集のために、1時間も早く出勤する必要はありません。

③精神的に楽

基本的に、重症な患者さんはクリニックには来ません。

重症な患者さんは、直接病院に行く場合がほとんど。
万が一受診されても、できることは限られているので、すぐに紹介状を書いて、大きな病院に行ってもらうか、救急搬送を要請することになります。

嫌な患者さんがいても、時間が来れば帰っていきますし、何日も顔を合わせなくていいと思えば気が楽です。

入院患者さんがいないというのは、精神的にとても楽ですね。

④お盆や年末年始に休みがとれる

普段は休みづらい、連休がとりづらいクリニック。

しかし、お盆休み、年末年始などはクリニック自体がお休みとなるため、長期休暇を利用して旅行に行くことも可能です。(当番医などにより出勤の可能性はあります)

⑤休憩時間を効率的に使える

多くのクリニックでは、午前と午後の診療は2~3時間ほど間隔があります。

患者さんが少なく落ち着いていれば、準備や片付けの時間を除いて、丸々休憩時間になる場合もあります。自宅と勤務先が近ければ、この休憩時間に一度自宅に戻ることも可能です。

洗濯物を取り込んだり、家の掃除や夕飯の準備を済ませておけば、帰宅した後もバタバタせずに済みます。ちょっとした隙間時間を効率的に使えるのは主婦にとってはありがたいですよね。

デメリット

①人間関係が難しい
②休みがとりづらい
③福利厚生にばらつきがある
④拘束時間が長い
⑤やりがいを感じにくい
⑥病院(臨床現場)に復帰しづらい

①人間関係が難しい

病院に比べると閉鎖的な環境で働くクリニックの看護師。
それゆえ、人間関係の難しさを感じるケースが非常に多いです。

小さなクリニックでは院長、看護師、事務、それぞれ一人ずつしかいない!という場合もあります。みんな仕事ができて、性格も良ければ、最高の職場なんですがね…

苦手なスタッフがいる場合、ほぼ毎日合わせることになると…
想像しただけで息苦しくなりますね。

病棟のように複数のスタッフで働ける環境であれば、嫌なスタッフがいても、愚痴をこぼしたり、励ましあったりできますよね。

しかしクリニックでは、スタッフの人数が少ないがゆえ、孤立してしまう、逃げ場がないという辛い状況になってしまう可能性があります。

院長の人柄や経営方針も重要です。

クリニックでの院長は、企業でいうところの社長のようなもの。
院長が気分屋だったり、感情の起伏が激しい性格だと、かなりのストレスです。

クリニックは狭い空間、スタッフ同士の距離が近いために、気苦労も多い傾向があります。

うそぴょん
うそぴょん
スタッフのことをきちんと考えてくれる院長の下で働きたいね。

②休みがとりずらい

スタッフの数が少ないため、休みはとりづらいです。

特に、子どもが小さい場合、この「休みづらい」がネックになって、クリニックへの転職を断念するママ看護師さんは、かなり多いです。

もともと働いているスタッフが少ないため、一人休むと業務が回らない、勤務を代わってくれるスタッフがいない、という問題が起こります。

理解のある職場だと院長婦人(看護師の場合)が代わりに出勤することでカバーしてくれるなんてこともあるようです。

病院勤務であっても、看護師が休みずらいことに変わりはないのですが、クリニックだとより一層、急に休むのは難しい(心苦しい)というわけです。

次のスタッフが入ってくるまで退職できない、というのもデメリットですね。

③福利厚生にばらつきがある

クリニックによって、福利厚生には、かなりばらつきがあります。

ボーナスなし、退職金が出ない、といったクリニックも存在しますので事前にしっかり確認しましょう!

福利厚生には法定福利厚生法定外福利厚生の2種類があります。

⓵法定福利厚生は法律に基づいて実施されるもの
②法定外福利厚生はそのクリニック独自でつくる任意に実施されるもの

法定福利厚生

  • 健康保険
  • 厚生年金
  • 労災保険
  • 雇用保険

法定外福利厚生

  • 有給休暇・長期休暇
  • 慶弔休暇
  • 育児休暇
  • 資格取得に対する補助
  • 社員寮
  • 社員旅行、保養所など

このような項目については、入職前に情報収集を行っておきましょう。

④ 拘束時間が長い

 

クリニックはスタッフの数が限られているため、自然と一人当たりの拘束時間が長くなる傾向があります。

診療終了時間が19時だと「子どものお迎えに間に合わない」ママさん看護師にはネックになることも…

クリニックの診療科や時期によって、業務の忙しさに波があるのもクリニックの特徴の一つです。

感染症が流行する時期には患者数が増えるため、残業が発生することも多くなります。

⑤やりがいを感じにくい

クリニックの看護師は、業務内容の幅が広いです。

病院では、物品請求は事務スタッフ、清潔ケアは看護助手といったように分業化が進んでいます。しかし、クリニックでは、限られたスタッフで業務を回さなければならないので「これ、看護師の仕事なの?」と感じるような雑用がとても多いです。(診療材料の在庫確認、発注、電話応対、掃除など)

看護師としてのプライドが高い人は「こんなの看護師がやることじゃない!」と自分の持っている看護師像とのギャップに悩まされるかもしれません。

病棟での看護業務に比べると、クリニックは診療の補助がメインの仕事となります。
単調な作業も多いため、人によっては「飽きる」「仕事がつまらない」とやりがいを感じられず、モチベーションを保つのは難しいでしょう。

⑥病院(臨床現場)に復帰しづらい

外来業務・診療の補助がクリニックに勤務する看護師の基本的な仕事です。

病院で行うような療養上の世話はほとんどありません。

例えば、「子どもが小さいうちは夜勤なしのクリニックでパート、子どもが小学校高学年になったら病院に戻りたい」と考えているとします。

このように将来的に病院への復帰(転職)を考えている場合には、医療技術の進歩についていくために、自主的に勉強が必要となるでしょう。

クリニックで求められる人材

クリニックで働く看護師に求められるスキルには、どのようなものがあるのでしょうか?

多くのクリニックで求められる人材は「即戦力」となってくれる看護師です。
そのため、基本的な看護技術である採血・注射・点滴などは習得できていると歓迎されます。

また、患者さんからの評判がクリニックの人気、経営に影響するため、スタッフの接遇マナーに力を入れているクリニックも多いです。

相手にわかりやすく丁寧に説明したり、不安をやわらげるような親切な関わりが持てる看護師が求められています。

クリニック勤務に向いている看護師の特徴

  • 仕事とプライベート両方を大切にしたい人
  • 子育てと仕事を両立させたい人
  • 地域密着の医療に興味がある人

夜勤なしで規則的に働けるクリニックは、ワークライフバランスを大切にしたい人にオススメです。

また、「病院の独特な緊張感は苦手だけど、患者さんとの関わりは好き」という方にも、患者さんと適度に関わりがもてるクリニックは向いているでしょう。

クリニックでも入院患者さんがいる!?有床クリニックに注意

ここまでは一般的なクリニック、つまり入院設備のない無床クリニックについて説明してきました。

クリニックへの転職を考える際に注意しなければならないのが「入院患者も受け入れる有床クリニック」があること。

有床クリニックとは有床診療所とも呼ばれ、19床以下の入院施設のある「入院できるかかりつけ医」、「小規模な病院」というイメージです。

有床クリニックの一例

有床クリニックにはどんな種類があるのでしょうか。

例えば…

  • 透析クリニックで入院透析も行う有床クリニック
  • 高齢者への訪問診療も行う有床クリニック
  • 整形外科を中心とした有床クリニック

希少な治験専門クリニック(有床)なども求人がありましたよ(‘ω’)

有床クリニックは小さい病院のような感じなので、「夜勤やりたくない!」「臨床現場から少し離れたい」という理由で転職を考えている人は避けた方がいいでしょう。

クリニック勤務経験者の口コミ

現在小学生の子供を子育てしながら常勤ではたらいています。

クリニック勤務のいいところは、夜勤が無いため子供とクリスマスやお正月などの行事を一緒に過ごせる。休診日が決まっている事、カレンダー通りに休めるので子供との予定が立てやすい。
病院と違いスタッフの人数が少ないので、関わりが密になり、家族に近い関係が築けるので、何かあった時は相談しやすい。
夜勤をしないので、生活リズムが整う。
私が感じるのはこれくらいですね〜。
ボーナスが病院勤務をしている時よりかなり少ないですが、子供との関わりを大切にしたかったので、夜勤のないクリニックに転職し今に至ります。

是非とも長所やお勧めを・・・ ですね。
そうですね、よく少ないスタッフで飽きてくる・・と言いますが、言いかえると いつも同じ人なので安心できます。
家族みたいまで行かないけど・・近いものはあります。
仕事が単調なので、覚えてしまえば楽です。
患者さんと距離感が近いので、「看護師さん」ではなく「○○さん・ちゃん」とかニックネームで呼ばれたり・・・  やはりアットホームかな。
患者さんが パタッと来られない時間帯がうちはあるんですが、院長は隣の自宅に帰っちゃうし、私達は円陣組んでお喋りしてます。  この時間がけっこう好き(^^♪
医院にもよりますが、12:30~午後の診察が始まる3時前まで自宅に帰ってます。
昼食を食べ、夕食の用意もできますよ。
こんなとこデス(#^.^#)

引用元:看護師お悩み相談室
http://nayami.tabine.net/ns/007611.html

クリニックはホント、雇用主=院長との相性もあるだろうし、

看護業務以外のこともしなきゃいけないから、
ある意味、器用に動けて、かつ看護経験積んで即戦力となれる人で
ないと厳しいと思います。
プリセプターがいるわけでもないし、いきなり今までの看護経験やキャリアは問われます。

採血・点滴・注射は必須で出来て当たり前。
心電図とかもやったりしてました。

なので、ある程度の経験を積んでからにしないと厳しいです。
病院の様に失敗したからスタッフ交代とかもないし、患者さんもご近所の人が多いからコミュニケーションスキルもいる。

内科のクリニックに勤めてたけど、クリニックはいつでも戻れるけど、
病棟や病院の外来勤務はいつでもできるわけではないから、

病院勤務に戻りました。

引用元:看護roo!お悩み掲示板

働きやすいクリニックを選ぶ時のポイント・方法

働きやすいクリニックを選ぶポイント

  • 中規模以上のクリニックを候補にする
  • 人間関係・雰囲気のいいクリニックを候補にする
  • 常に求人が出ている、スタッフの入れ替わりが激しいクリニックは避ける

看護師がクリニックに勤務する際にネックとなる「休みがとりづらい」「人間関係が難しい」という問題は、看護師が3~4人以上勤務しているようなクリニックを候補にしてみるのも一つの方法です。

人間関係については実際に働いてみなければわからない部分もありますが、人間関係を含めブラックな労働環境のクリニックは、事前に調べることで候補から除外することが可能です。

クリニックによって忙しさもかなり違います。
「忙しくて座る暇もなく動き続け、休憩もきちんととれないクリニック」もあれば、「暇すぎてやることがないのが苦痛」といったクリニックもあるんです。

  • 人気の程度
  • 一日の患者数
  • 完全予約制か否か
  • スタッフの人数(医師、看護師、看護助手、事務など)
  • 診察内容(検査・手術内容、診療科)

このような点も面接等でしっかり確認すべきです。

情報収集の方法

  • 口コミ・評判を調べる
  • 働いている人から内部事情を聞く
  • 実際に受診してみる(付き添いでもOK)
  • 人材紹介会社から情報を得る

口コミ・評判を調べる

グーグルでクリニック名を検索すると口コミが投稿されていることが多いですね。

多くは実際に受診した患者さんが投稿している評価ですが、

  • 雰囲気がいい
  • スタッフがみんな親切
  • 受付の対応が最悪
  • いつも混んでいる

このような口コミを見ることができます。

 

また、実際にその病院やクリニック等で働いた看護師が口コミを投稿できる「ナスコミ」などの看護師口コミサイトを参考にするのもアリです。

看護師の口コミサイト/ナスコミ

転職を考えている候補のクリニックの口コミが掲載されてないかチェックしてみてください。

患者さんからの評判が悪いクリニックは、働く上でもあまりオススメできません。

働いている人から内部事情を聞く(過去に働いていた人・関係者)

これができれば苦労はないのですが…。
この方法が、一番正確な情報が得られるでしょう(信頼できる人から聞いて下さいね♪)

実際に受診してみる

病院に比べあれば患者や面会者に紛れて、院内の雰囲気を偵察するのも可能ですが、クリニックでは難しいですよね(かなり不審)

転職先で候補になるのは、大体が自宅近辺のクリニックだと思います。

もし、機会があれば受診してみるのも一つ。

受診の機会がなければ、実際に受診したことのある人(ママ友など)にどんな雰囲気だったか聞いてみるのもいいですね。

もしくは、以前にかかったことのあるクリニックの中から、働きやすそうな職場を探してみるというのも方法の一つです。

人材紹介会社から情報を得る

「自分で情報収集するのは手間もかかるし、大変」

そんな風に考えている方は、人材紹介会社を使って情報を集める方法もありますよ。
看護師転職業界に詳しいプロですから、給料の相場や内部事情などのリサーチを元に、いろいろなアドバイスがもらえます。

人材紹介会社を介しての転職活動はメリット・デメリットありますが、目的に合わせて効果的に利用できれば、心強いパートナーになってくれることは間違いないです。

まとめ

クリニックは、看護師にとって、患者さんとの関わりを持ちながらも、病院ほどの緊張感や精神的負担は感じずに仕事ができる職場です。

また、夜勤無しで働けることから、プライベート重視型の方にもオススメの職場。

しかし、中には労働環境に恵まれない残念なクリニックも存在するので要注意!

「クリニックでの働き方が自分に合っていそうだな」と感じた方は、しっかり情報収集をして、後悔しない職場選びをしてくださいね。

ABOUT ME
komaten
看護師始めて、かれこれ10年。 今はゆったりと訪問看護やってます。