看護師×訪問

訪問看護師に向いている人って?在宅分野で輝ける看護師の特徴や性格は?

訪問看護、私にもできるかな…。在宅に向いているのってどういうタイプの看護師なんだろう?

病院でしか働いたことのない看護師さんにとって、訪問看護師の仕事はイメージしづらいかもしれません。病院勤務に疲れた看護師さんでも「働く場所を在宅に移したら、看護が楽しくなった」という看護師さんはとても多いです。

・訪問看護に興味がある
・自分が訪問看護師に向いているか知りたい

このような方は是非参考にしてみてください。

訪問看護は向き不向きがはっきりしている

訪問看護は向き不向きがはっきり分かれる分野だと思います。

訪問看護で働きたいと感じる看護師の多くは、

①患者さんに寄り添った看護がしたい
②自分なりの看護を実践したい
③やりがいのある仕事がしたい

このような考えで訪問看護に転職する方が多いのではないでしょうか?

しかし、実際にやってみると「イメージと違った」「面白くない」「怖い」「責任が重すぎる」といった理由で病院に戻られる方もいらっしゃいます。

実際やってみなければわからない部分はもちろんありますが、訪問看護師としての適性はあらかじめ把握しておくといいかもしれません。

訪問看護師に向いている人とは?

訪問看護に向いている人の特徴は、以下の5つです。

信頼される人物である

家族・利用者から信頼されるのはもちろんですが、医師やケアマネジャーなどの関係職種からの信頼が得られるかどうかも、訪問看護ステーションを経営を安定させるためには重要です。信頼できるスタッフがいるステーションに仕事を依頼したいですものね。

「社会常識がある・礼儀正しい・誠実である」

例えば…

・気持ちのいい挨拶ができるか?
・清潔感のある身だしなみか?
・言葉遣いは丁寧か?
・約束を守っているか?
・誠実な対応ができているか?

このように、社会人としての基本的なポイントがおさえられていれば問題ありません。

コミュニケーション能力が高い

訪問看護は「世間話ばかりしている」とイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

その通り!

会話(コミュニケーション)の場面が非常に多いのです。

利用者さん、ご家族の中には、認知力の低下した人、気難しい人、回りくどい話し方をする人。そもそも話せない人。色々な方と関わります。

相手の性格や立場によっても、話し方や伝え方を変え、時には交渉術のようなスキルが必要なこともあります。

どのように説明したら理解してもらえるだろうか?
どのように伝えれば、提案を受け入れてもらえるだろうか?

現場の訪問看護師は、日々頭を悩ませながら慎重に言葉を選んでいます。

精神的にタフ

訪問看護は肉体的には楽ですが、精神的な負担は正直、大きいです。

基本的に、利用者さん側のテリトリー内に入ってサービスを提供するため、家庭の雰囲気に慣れるまでは、緊張感があります。

時には時間的な余裕がない中で判断を迫られる場面もあり、責任の重さをビシビシ感じます。

また、ターミナルケアやお看取りの機会も多く、長く関わらせていただいた利用者さんとの別れはやはりツライです。

「本当にこれでよかったのか…」そのような後悔・反省点を力に変えて前進できる精神的なタフさがある人が訪問看護師に向いています。

自分の頭で考えられる人

訪問は基本的に一人で行います。
携帯電話でスタッフに相談することはできますが、その場にいるのは自分だけです。

利用者さんの病状や性格、介護力、次回の訪問予定日など、いろいろな要素を踏まえた上で、どのように対応するかを考える必要があります。

  • 次の訪問日まで安全に過ごせるか
  • どんな問題が発生しそうか
  • どんな疑問点が出てきそうか

このようなことを常に考えています。
誰かに指示されるより、自分で考えて行動することが好きな人は、力を発揮しやすいでしょう。

忍耐強い人

病院では、患者さんに対し、「入院中は病院の規則に従ってください!」と言えますよね。

自宅は利用者さんの城ですから、基本NGはありません。

「お酒は控えましょう」と言われていても、家に帰ってくれば好きなだけ飲んでしまう。
「自覚症状がないから大丈夫」と薬を自己判断で調整してしまう。

こんな時、看護師の立場からアドバイスはしますが、強制力はありません。

ジレンマを感じながらも、利用者さんやご家族と向き合い続けられる、忍耐強さが訪問看護には求められます。

おわり

今回は、訪問看護師に向いている人というテーマでお話してきました。

病院ではテキパキと効率よく業務をこなせるのが「仕事ができる看護師」となるかもしれませんが、在宅では必ずしもそうではありません。

「人が好き・看護が好き」という方は、訪問看護が楽しいと感じる可能性大だと思いますので、是非チャレンジして頂きたいです。

ABOUT ME
komaten
看護師始めて、かれこれ10年。 今はゆったりと訪問看護やってます。