ナースゆる日誌

【訪問看護あるある】訪問先、間違えてない?思い違いっておそろしい…

ども!こまてんです。

「利用者様のお宅に出向いてサービスを行う」訪問看護。

一軒一軒のお宅を移動して仕事をするため、病院では考えられないようなハプニングに見舞われることもあります。

その中から、「訪問先を間違える」という、致命的なミスをしてしまった時のお話をしたいと思います。

「なぜ訪問先間違いが危険なのか」というと、

  • 間違えた家の人に怒られる
  • 訪問予定時刻に遅れて迷惑がかかる
  • 警察を呼ばれる可能性もある

そもそも、こんなおっちょこちょいなミスをする訪問看護師さんはそういないかもしれませんが…( ;∀;)

そのおうち、本当に利用者さんのお宅ですか?

その日は、あるマンションの一室に住む利用者さんのお宅へ行く予定でした。

3回の同行を経て、初めて一人での訪問。
主なケアは褥瘡処置です。

うそぴょん
うそぴょん
3回も行ってれば、お宅の場所はバッチリでしょ!
こまてん
こまてん
うぅ…

ケアの手順が細かくきまっていたので、頭の中で組み立てながら、Aさんの部屋へ向かいました。

 

初めての訪問は緊張します…。

 

部屋番号はバッチリ503~  503~♪

503号室のドアの前、いつも通り呼び鈴を押します。

 

「ピンポーン」

・・・

 

・・・

 

「あれ?いない?」

訪問予定の変更あったっけ?

予想外のことが起きたら、一旦冷静になろう

まあまあ、こういう時は一旦落ち着いて、電話で確認しましょうね。

問い合わせの結果、訪問予定日時に変更はありませんでした。

だとしたら…

忘れて出かけた?

もしくは寝てる?

んー…

 

 

まさか…

倒れてるとかぁぁぁあ!?

 

だとしたら?どうする?

 

 

頭の中ではいろんな想定が浮かびます…

インターフォンの呼び鈴を連打したくなるのをグッと押さえて、ドアの前でじっと待つ、待つ、待つ……。

 

 

すでに到着してから10分経過。

ん?

部屋の中から水を使っているような音が聞こえてきます。

 

シャワーか、もしくはキッチン?

 

え?居るの?

 

居留守?

(でも居留守使うような人じゃないよな…)

勇気を出して、2回目の呼び鈴を押してみた

もう一回、インターフォンを押してみます。

 

「ピンポーン」

10秒ほど経った時、

 

「はいっ?」

 

「OOさん!大丈夫ですか!?OO訪問看護ステーションです!」

とインターフォンに向かって声をかけると

 

 

「はぁ?ホウモン、カンゴ?」

 

「あのさー、あんた棟、間違えてんじゃないの?」

 

 

 

「…ん?」

 

「ええええええっ!!!!(ウソだろぉぉぉ!?)

た、た大変申し訳ございません。」

 

 

「失礼いたしましたっっ!!」

 

幸い、怒鳴られることもなく、通話は静かに終了しました。

おかぴー
おかぴー
おーい! とんだうっかりミスだな!

 

 

「思い違い」は本当に怖い

「思い違い」とは

間違えて思い込むこと。また、その事柄。勘違い。思い違え。

出典:goo辞書

1ミリも疑ってなかったよ。

まさか、お宅を間違えているなんて。

見ず知らずの人の玄関の前に15分も居座っていたことになります。
始めの呼び鈴を押したときから、なんかへんな奴いる。と思われてたのかな…

なかなか帰らないから、諦めて応対してくれたんだろうか…

優しいおじさん?おにいさん?でよかった。(動揺しすぎて覚えてない)

(利用者さんも優しい方だったので、15分の遅刻については何も言われなかった。もちろん謝罪はしました)

 

間違えたお宅の住人が、こわーいおじさんで、更に夜勤明けで寝てたところを起こされて、めちゃくちゃ機嫌悪かったりしたら…

 

うそぴょん
うそぴょん
まさに、不幸中の幸いだね。

もっと派手なアクションを起こしていたかも…

利用者さんの病状やキャラによっては「なんとしても突入しなければ!!」と使命感に燃えて、派手なアクション(ドアノブガチャガチャしたり、ドアをドンドン叩いたり、空いている窓ないか!?と周りをウロウロしたり)を起こす可能性もあったな…と思います。

最悪、不審者扱いや不法侵入で警察に通報されてもおかしくないです。

そこまでしなくて良かった…

まとめ:訪問先は絶対に間違えないようにしよう!

おかぴー
おかぴー
当たり前でしょ~( ;∀;)
こまてん
こまてん
そうなんだけど…、自分でもびっくりするようなこと、やらかすことってあるでしょ。
ね?

訪問看護師は行動力のあるナースが多いので、「思い違い」からとんでもないことに発展してしまうケースもあるかもしれません。

こんな時は、間違えやすいから気を付けましょう!

  • 初めての単独訪問
  • 久しぶりの訪問
  • マンションや分譲住宅など同じような建物が並んでいる場所
  • ぼーっとしている時
  • 別のことで頭がいっぱいな時(ケアの手順、緊張している時)

「訪問看護あるある」ではないかもしれませんが、私のようなミスをしないように気を付けてくださいね♪

でわでわ~^^

 

 

ABOUT ME
komaten
看護師始めて、かれこれ10年。 今はゆったりと訪問看護やってます。